ペーパーレス化で環境保護を推めよう~コストダウン実現計画始動~

サプリメント

ペーパーレス化推奨

企業内においてペーパーレス化が進んでいる

電子書籍

企業活動の中で、ペーパーレス化の推進が行われています。紙の印刷を少なくして企業活動を行うことで、費用削減や自然環境保護に繋げることができます。 ペーパーレス化のために行われている政策としては、会議の際に紙を印刷せず大きなモニタに出して閲覧したり、各自ノートパソコンを打ち合わせ場所に持ち込んで会議を行うなどが提案されています。ノートパソコンだけでなくタブレットPCはより持ち歩きに適しているので、ペーパーレス化を促進するため、会議用として導入している企業もあります。 ペーパーレス化は会議用書類だけでなく、本や技術書にも適用されています。電子ブックや電子ペーパーが登場し、パソコンや専用リーダーを使って購入した本を閲覧することができます。

企業におけるペーパーレス化

企業活動において、紙媒体を利用して仕事をする環境は縮小傾向にあり、ペーパーレス化が徐々に進行しています。 会議などのレジュメについては参加者に紙の資料を打ち出して配布することは少なくなり、電子化されたレジュメを端末で共有するペーパーレス化が定着しています。 企業活動において紙のドキュメントには出力機やインク、紙代などのコストがかかるため、ペーパーレス化にかける費用を拠出することで、長期的な費用の削減が可能になります。 ペーパーレス化にはITシステムを組むための大きなイニシャルコストが必要となりますが、今後はペーパーレス化が常態化する流れが主流となるため、導入価格も抑えられたものになるとみられています。 既に会議での紙の使用が禁じられていたり、出力機の設定でカラー原稿や出力部数の設定などが徹底されている職場も珍しくなく、ペーパーレス化を採用する企業は今後も増加傾向にあると言えるでしょう。